閉じる

安心・安全への取り組み

安全評価認定

SAFETY BUS

日本海バス「貸切バス業者安全性評価認定制度」を受けております。

貸切バス事業者安全性評価認定制度のシンボルマークについて

このマークは、貸切バスをご利用されるお客様が安心してバス会社を選択できるよう、安全に対する取組状況が優良なバス会社であることを示すシンボルマークです。「SAFETY BUS」(セーフティバス)は、安全に対して弛まぬ努力をし続けているバスを意味します。詳しくは貸切バス事業者安全性評価認定制度|公益社団法人日本バス協会をご参照ください。

2018年度 安全マネジメントに基づく情報

1. 輸送の安全に関する基本的な方針

(1)経営トップが主導的な役割を果たしながら「輸送の安全はわが社の根幹」であることを全従業員に対して認識させると共に徹底します。

(2)法令等の遵守と輸送の安全確保は最重要であるという意識付けを全従業員に対して経営トップが日々教養し徹底させます。

(3)「安全はもろいものであり、手を抜けばすぐに崩れてしまう」ことを経営トップが強く認識し、「安全対策の強化」に主導的な役割を果たし努めます。

2. 社内への周知方法

基本的な方針を全従業員に対して周知徹底させるため、社内に掲示するとともに、点呼時に必ず唱和させ習慣づけます。

3. 安全方針に基づく目標

<2018年度の安全目標>

「法令違反および人身事故ゼロを継続しよう!」

4. 目標達成のための具体的計画

  • 社内における年間教養計画に基づく定期的な安全教育および社外委託しての年2回の安全講習会、添乗指導教養の実施
  • 点呼時のアルコールチェックによる飲酒運転撲滅
  • 運転時間および休憩時間の厳守(過労運転の撲滅)

5. わが社における安全に関する情報交換方法

経営トップは年間教養計画並びに事故事例に基づき、全従業員と安全に関する意見交換会を定期的に開催し、安全意識の向上に努めます。

6. わが社の安全に関する反省次項および改善方法

経営トップは「安全方針・目標・計画」の取組状況を毎年度6月(定期的)にチェックし、安全対策上の問題点を把握すると共に、改善方法を運行管理者等と検討した後に、後日社内に掲示します。

7. わが社の安全に関する目標達成状況

2017年度

目標 結果 目標達成状況
人身交通事故 0件 目標達成できた
物件交通事故 0件 目標達成できた

2018年度

目標
人身交通事故 0件
物件交通事故 0件

※2017年度は、自動車事故報告規則第2条に規定する重大事故の発生はありませんでした。

ページの先頭へ